ベンチャー企業で活躍できる職種「デザイナー」のキャリアプラン

起業を目指すならベンチャー企業

根拠を示すことができるデザイナー

根拠を示すことができるデザイナー

デザイナーという職種は、今後さらに需要が増えていくことが予想されています。将来独立を考えているデザイナーのキャリアプランとして、ベンチャー企業での経験はスキルアップもできて自信をつけることもできます。

優秀なデザイナーの条件

優秀なデザイナーの条件

優秀なデザイナーはデザインのセンスが良いだけでなく、それを言葉にしてわかりやすく表現する力があります。自分でデザインを楽しむだけならば人に説明をする必要はもちろんありませんが、仕事でデザインをする場合、仲間や上司、クライアントなどに具体的なイメージについて説得力のある説明が求められます。いくら良いデザインがあったとしても、支持を得られなければ形にしていくことができないので、リアルで魅力的なデザインとして表現することが自分のやりたいことを実現する第一歩となります。
また、デザインに対する要望があった場合、相手の考えているイメージをこちらの頭の中で正確にイメージし、それを具体的に表現して相手に確認するという能力も必要です。いずれにしても、イメージという漠然としたものをいかにクリアにすることができるかがデザイナーの腕の見せどころです。


コミュニケーションが大切

イメージを言葉で表現する力を身につけるためには、多彩な表現力を養うためにたくさんの本を読むことをおすすめします。自分の好きな本でいいので、書かれているストーリーを具体的に頭の中で映像化しながら読むようにするといいでしょう。本を読むことによって語彙を増やすこともできますし、様々な表現方法のヒントもたくさん得ることができます。そして、人と話す時の話題として、読んだ本についてわかりやすく伝えてみるというのも表現の練習になります。軽すぎず重すぎず、相手の様子をさりげなく確認しながら円滑なやりとりができるよう、仕事仲間や友人との交流を通して日頃から心がけておくと、仕事でも自然なコミュニケーションがとれるようになるでしょう。


できるデザイナーは行動派

デザインの世界は理屈だけでなく感性も必要になります。WebデザインはPCやスマートフォンなどの画面の中で見るものですが、デザイナーは日頃から外の世界をたくさん見て、リアルな感性を磨くことが大切です。画面を通してデザインを表現するからこそ、画面では伝わらないことを肌で感じておくということがいい仕事につながります。そのため、できるデザイナーはアクティブに行動し、積極的に外へ出て刺激を受け、常に何かを感じ取る姿勢があります。そのようなことから考えても、好奇心旺盛で行動力のある人はデザイナーに向いているかもしれません。


Copyright © 2016 起業を目指すならベンチャー企業 All Rights Reserved.